リンパドレナージュとは

リンパドレナージュとは

リンパがつまってしまうと老廃物を体の外に出すことができず、体調不良や肥満の原因になってしまうのでリンパを流していくことがとても重要です。
また、リンパがつまることで自律神経の乱れることから様々な病気を引き起こす原因のひとつになり得ることや免疫力の低下につながります。

リンパの流れをよくすることでリンパ球の数を適正に整え、免疫力を高め細菌やウイルスから身を守り、自律神経を整えることによりストレスに強くすることで健康につなげることが重要です。

リンパドレナージュと聞いてもどんな施術をしているのかわからない方がほとんどだと思います。

そもそも、ドレナージュとは「排出」という意味でリンパに流れ出た排泄物を体外に排出することを意味します。
元はドイツやフランスの医療現場で用いられていた施術です。
リンパ液の循環と老廃物の排泄を促して全身の機能バランスを整えることで自己免疫力や、治癒力を高めることを目的とした施術方法です。

人の体には数多くのリンパ節があり、主に頚部(首)、鎖骨下、腋窩(脇)、鼠径、膝窩(膝裏)、腸に存在しています。
そのリンパ節を手で撫でるようにしてほぐしていくことでリンパのつまりを解消し、血の流れも促進していくことで代謝機能向上にもつながります。