ゴースト血管とは?意外と知られていない、本当は大切な毛細血管の話

ゴースト血管とは?意外と知られていない、本当は大切な毛細血管の話

血液をサラサラに!などで血液自体を良くすることの重要性は皆さんご存知かと思います。
しかしながら、意外と知られていない、血管を健康に保つことの重要性について説明していきます。

体の99%を占める血管とは

「血管を健康にする」と聞いて、動脈のような太い血管を想像する人が多いと思いますが、
体全体の血管の99%を占めているのは毛細血管です。

毛細血管とは?

毛細血管は全身隅々まで張り巡らせ、約37兆個と言われる細胞一つ一つに栄養・酸素・エネルギーを運び、
それと同時に、不要となった二酸化炭素を回収して回っています。
つまり、体が新陳代謝をするのに必要な栄養や酸素は毛細血管からしか受け取れないということです。
健康や美容の為に薬やサプリを飲んでも、
成分を届けるための道がなければ効果は半減してしまいます。
毛細血管が減れば減るほど老化するのは当然のことなのです。

毛細血管は減っていくとどうなる?

毛細血管は40歳頃から急激に減り始め、60代になると20代の4割も減ると言われています。
血流が途絶えて消えた毛細血管を「ゴースト血管」と呼び、最近では話題になりました。

毛細血管が減ると、栄養・酸素を運ぶ為の道が無くなっているということなので、
せっかく良い物を摂取しても届けることができません。
それが皮膚に近い場所なら、シミ・シワ・たるみ・くすみ等の原因となり、
細胞の代謝が悪くなれば、脂肪細胞が肥大化しセライトが増えることに繋がり、
内臓の血流が悪くなれば、内臓疾患を起こしやすくなってしまいます。

さらに、栄養・酸素が届かなくなれば、心臓が必死で届けようと頑張るため、
高血圧になり、動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞などのリスクも高まります。

免疫細胞である白血球も血管内を通ってパトロールしているため、
道が無くなれば免疫力が下がり、感染症にかかるリスクも高くなります。

体温を維持するのも毛細血管の役目なので、血流が悪くなると冷え性の原因にもなります。
冷えは代謝機能・抗酸化機能・免疫機能を低下させ、自律神経のバランスも崩します。

ゴースト血管を再生・改善するには?

ゴースト血管となってしまった毛細血管を再生したり、改善するには、
何もよりも血流をアップさせることです。
定期的な運動や、半身浴、マッサージなどで血流を改善することができます。

まとめ

普段あまり意識をしていない毛細血管の健康を保つことが、体全体の健康と美容に繋がりますので、
毛細血管のケアを通して、健康で若々しい身体を保ちましょう。

Related Blogs

今話題の「ケイ素」とは?身体にもたらすメリットについて
季節の変わり目の不調と「食養生」について
気になる「むくみ」の原因と3つの対策